通信制高校には魅力がいっぱい!

通う日数を自分で選択できる

通信制高校は、その名の通り通信教育を利用して高校を卒業する仕組みになります。日常的な勉強は自宅などで行い、学校とはレポートのやり取りを行います。その他面接授業といわれるスクーリングに参加をします。1年に数日であったり、1箇月に数日など各学校で設定日数はバラバラです。所定のスクーリング日数を達成すれば、単位が取得できます。これまでは通わなくていいのが通信制高校の魅力でしたが、最近は少し変わっています。通える通信制高校が増えてきているからです。1週間のうち5日通う学校があり、全日制と同じように通えます。コースがいくつかあり、1箇月に数日程度、1週間に1日や3日、そして5日コースを自分で選べます。自分の状況で選択すると良いでしょう。

高校の勉強以外もいろいろできる

中学を卒業すると、高校進学を選択する人が多くなります。高校を卒業すると大学進学や就職になります。高校を卒業するとき、大学進学はできないが就職もまだできないと感じる人がいるでしょう。やりたい仕事があっても、実践的にできなければ不安があります。通信制高校の場合は、まず通信制のカリキュラムで高校の勉強をします。ただ、それ以外の時間も多くあり、この時間を利用していろいろなことができます。専門学校等で卒業後に役立つ技術を得ても良いでしょうし、将来の仕事のためのレッスンや練習なども行えます。又、大学進学をしたいなら、大学受験に備えられます。2年目までに目いっぱい単位を取っておけば、3年目の単位を減らせ、受験勉強の時間を増やせます。