通信制高校の学科はバラエティ豊か!

公立は安くてスクーリングも通いやすい

通学制の高校には公立と私立があります。できるだけ安く通うなら公立を選ぶのが良いでしょう。通信制高校だと、どうしても広域の私立高校がメインになっています。そのために公立高校がないと思っている人が多くいます。実際には公立の通信制高校があります。各都道府県に数校設置されていて、基本的にはその地域の人しか通えません。公立高校のいいところは、全日制同様に学費が安くなっているところでしょう。単位ごとに決められていますが、私立よりもはるかに安く設定されています。スクーリングに参加しないといけませんが、同じ都道府県内なので遠いところに泊りがけで行くなどはありません。勉強方法は、テキストを読んだあとにレポートを提出するなどになります。

私立は高いが色々選択できる

通信制高校をできるだけ安く利用するなら公立の方がいいでしょう。でも、公立だとかなり自分で頑張らないといけません。学校からのサポートが弱いといわれています。私立の場合は、いかに卒業させるかに力を入れています。卒業率が高い学校もたくさんあります。広域タイプは、本校の場所とは関係なく全国から利用が可能です。スクーリングが大変に感じますが、全国にスクーリングの場所を設けています。さらには、全国に一定の校舎を設けているところもあります。毎日通学できるなど、全日制に近い学校生活が送れるところもあります。高校の勉強以外に、いろいろな資格を取得したり、大学受験のための勉強ができるコースを設定しているところもあります。